dodo point (ドドポイント)をご存知ですか?
近年、多くの企業から注目を集めているSaaS、dodo point (ドドポイント)ですが、 その機能価格評判について公式サイトやその他紹介メディアサイトを見ても分かりづらいという声を耳にしましたので、 私達の運営する本メディアSaaS比較マップではこれらの情報についてまとめてみました!

なお、SaaS比較マップ編集部ではdodo point (ドドポイント)に関するご質問や導入の相談、 さらにはdodo point (ドドポイント)に限らないSaaS全般に関して無料で相談をお受けしています。

dodo point (ドドポイント)やSaaSを活用した業務改善・売上や利益の向上にご興味のある方はお気軽にご相談ください!

まずは無料で相談してみる

dodo point (ドドポイント)の価格・料金は?

dodo point (ドドポイント)の導入を検討されるうえで最も気になるのはdodo point (ドドポイント)の価格や料金のことかと思います。

SaaSを法人・企業で導入する際に、最も多くの支払いスキームは月額制です。
SaaSの中には年間契約・年額一括支払いを行うことで月々の利用料や初期費用が抑えられるものもありますので、dodo point (ドドポイント)について具体的に導入を検討する際にはそういった割引や年間プラン・複数年契約プランがないかも確認してみましょう!

またSaaSによっては導入時に初期費用等が発生することも多くございます。
dodo point (ドドポイント)に限らず、SaaSの導入検討をする際にはそういった初期費用も予算として見ておく必要があることをご留意ください。

さて、そういったSaaSならではの価格体系・料金体系についてご理解頂いたうえで本題のdodo point (ドドポイント)の価格・料金についてです。
現在dodo point (ドドポイント)の公式サイトや各種メディアサイトで紹介されているdodo point (ドドポイント)の価格・料金は
要相談
とのことでした。

残念ながら、多くの法人・企業向けサービスやSaaS同様、dodo point (ドドポイント)について価格や料金についての情報は一般公開されていませんでした。
しかしながら、当然正式に問い合わせを行い、その利用用途や法人・企業の規模あるいは導入時のプランについてdodo point (ドドポイント)の担当者にお伝えすることで正式なお見積を出してもらうことは可能です!

具体的にdodo point (ドドポイント)の導入を考えている方はもちろん、まずは価格・料金の目安について知りたいという方も、まずはお気軽に弊社までご相談ください。

まずは無料で相談してみる

dodo point (ドドポイント)に無料プラン・トライアルはある?ない?

月額固定の費用が発生したり、利用するアカウント数・ボリュームによって料金・価格の変動があるSaaSの導入検討時に気になるのが無料プランやトライアルがあるのか、ないのかですよね!

企業の基幹業務やインフラ的な部分を担うSaaSはもちろんのこと、現場のスタッフや全社の社員が日々使うことになるSaaSにおいて、その機能が自社のニーズや要件を満たしているかどうかといった点や、使い勝手の確認を有料の契約を行う前にしっかりと念入りにしておきたいというのは当然の心理です。
そういった、「本契約の前にまずは使ってみたい」というニーズはdodo point (ドドポイント)に対しても抱いて当然です。

そこで、SaaS比較マップではdodo point (ドドポイント)にも無料プランやトライアルがあるのかどうかを調べてみました。

しかし残念ながら、現在公開されているdodo point (ドドポイント)に関する情報では無料プランやトライアルについてはあると明言されていませんでした。

dodo point (ドドポイント)の無料プラン・トライアルについての情報はほとんど開示されていないものの、多くのSaaS提供企業ではそのクライアントの契約内容や相談に応じて、機能を制限した無料プラン・トライアルアカウントを提供したり、サービスの使い勝手を確認できるデモアカウント提供したりしています。
dodo point (ドドポイント)についても、具体的な利用用途や契約として見込んでいる規模を営業担当者に伝えることで、無料プラン・トライアルやデモアカウントの発行をしてもらえる可能性は高いと言えるでしょう。

まずは弊社に導入の目的やその背景などをご連絡頂けますと、dodo point (ドドポイント)の営業担当者への紹介や、目的に適していて更に低コストの他SaaSシステム・サービスをご紹介させていただくことが可能です。
お気軽にご相談ください。

まずは無料で相談してみる

dodo point (ドドポイント)の機能概要・使い方について

dodo point (ドドポイント)について調べている方で本メディアにたどり着いている方なら、既にdodo point (ドドポイント)の基本的な機能の概要や使い方についてはご存知かと思いますが、 ここで改めてdodo point (ドドポイント)とは一体何ができるSaaSで、どういった目的に適したサービスなのかをご紹介させて頂きます。

dodo point (ドドポイント)の公式サイトや、dodo point (ドドポイント)を取り上げているメディアの紹介情報を総合すると、dodo point (ドドポイント)は次のような機能を提供します。

【カード・アプリ不要】タブレットに携帯番号を入力するだけ「手ぶらで」ポイント付与ができる、日本初のクラウド型ポイントシステム。顧客情報の収集や、ターゲティングしたクーポン配信でリピーター獲得のお手伝いをしま…

SaaSを企業・法人で導入する際には、導入の目的やその背景、さらには自社の性質(社員のスキルやITリテラシーなど)を踏まえて導入候補のSaaSがフィットするかを十分に検討する必要があります。
dodo point (ドドポイント)の導入を検討される場合も、本当に機能が足りているのかや目的にマッチしているのかを冷静に見極める必要があるでしょう。

少しでも気になる点や懸念がある場合は、是非お気軽に弊社コンサルタントまでご相談ください!

まずは無料で相談してみる

dodo point (ドドポイント)の評判・口コミは?

dodo point (ドドポイント)の導入を検討している方にとって気になるのが、dodo point (ドドポイント)の提供元以外、つまり第三者からの評判やレビューです。

そんなdodo point (ドドポイント)の評判や口コミについて、SaaS比較マップでは各種レビューサイトや利用者の口コミ情報を収集し、総合的な観点から最大5つ星に収まるように評判・レビューを分析してみました。

評判・レビューの分析結果はこちら!

dodo point (ドドポイント)の評判・レビューは5点満点中、4.25となります。

ただしあくまでもこの値は各サイトやブログ、SNSなどの評判・レビューを分析した結果です。
SaaSの評判は自社の状況や導入目的によって大きく変わります。
dodo point (ドドポイント)が自社にとって有意義かどうか知りたい、という方は是非お気軽にご相談ください。

まずは無料で相談してみる

dodo point (ドドポイント)を検討している方はぜひお問い合わせください

SaaS比較マップ編集部ではdodo point (ドドポイント)に関するご質問や導入の相談、 さらにはdodo point (ドドポイント)に限らないSaaS全般に関して無料で相談をお受けしています。

dodo point (ドドポイント)やSaaSを活用した業務改善・売上や利益の向上にご興味のある方はお気軽にご相談ください!

dodo point (ドドポイント)に関するニュースや最新情報

dodo point (ドドポイント)に関するニュースや最新情報は見つかりませんでした。
代わりにSaaS全体の情報収集を目的に、下記ニュースをご覧になってはいかがでしょうか?

  • そのアクセス数は売上げに繋がっているか、購買・商談に繋げる「AIライター」 WACULがGoogle検索での好結果を発表

    近年、多くの企業が自社サイトを持ち、そこから見込み客を獲得するコンテンツマーケティングに力を入れている。コンテンツマーケティングとは、見込み...


  • WACUL、電通デジタル・ファンドとジャフコから総額3.5億円を調達〜電通グループとの提携も視野に

    WACULは、電通デジタル・ファンドとジャフコの2社から資金調達を行った。今後電通グループとの業務提携も視野に入れている。Webサイト分析の人工...


  • WACULの「AIアナリスト」、「異常検知分析」機能を追加 CVに影響及ぼす異常を発見

    WACULのWebサイト分析の人工知能「AIアナリスト」に、新機能「異常検知分析」が追加された。同機能を利用すると、人工知能がWebサイトの異常を発見...


  • WACULの「AIアナリスト」に新機能 Web広告で獲得した資料請求などの受注率が分析可能に

    WACULは、Webサイト分析の人工知能「AIアナリスト」に、Webサイト上のCVと売上額などのビジネス指標を紐づけ、CVの価値をより適切に評価できる機能...


  • ECサイト構築、マーケティング、IoT、AIと4社の強みを活かして協業 - エイジア、エスキュービズム、ミックスネットワーク、WACUL

    エイジア、エスキュービズム、WACUL(ワカル)、ミックスネットワークの4社は、ECサイトやWebサイト向けのトータルソリューション提供を目的に協業する...


  • 2015年上半期1億以上資金調達58社まとめ:動画、データ関連が人気 - 梅木雄平

    定期的にやっていますが、ジャンルごとに整理すると思わぬ発見もあるシリーズ。ジャンルごとに調達ニュースをまとめていきます。2015年上半期で1億以...


  • AIを活用したマーケティング支援を行うWACULがリコーと協業 中小企業のデジタル変革支援を加速へ

    デジタルマーケティングの自動化を推進するWACUL(ワカル)は、事業会社を中心とした5社および金融機関2行から総額5.6億円を調達。また、これにとも...


  • AIが購買・リード獲得につながるコンテンツを制作!WACUL、「AIライター」の一般提供を開始

    AIを活用したデジタルマーケティング自動化SaaSのサブスクリプション提供を行うWACUL(ワカル)は、これまでβ版として「AIアナリスト」ユーザー向...


  • WACUL、Webサイト分析「AIアナリスト」新版 - 分析を自動化して工数削減

    WACULは3月27日、Webサイト分析の人工知能「AIアナリスト」をリニューアルしたと発表した。AIアナリストは、Google Analyticsのアクセス解析データと...


  • メディックス、WACULの人工知能「AIアナリスト」導入で新たな解析サービス

    WACULは6月17日、Webサイトのデータを分析し改善提案まで行う人工知能「AIアナリスト」を、メディックスが導入したと発表した。AIアナリストは、Googl...


  • Pythonが人気、AI関連のエンジニア・データアナリスト求人レポート

    ディップは11月21日、同社のキュレーションメディア「AINOW」にて、「AI 人材 求人レポート」を公開した。人工知能(AI)関連の人材の需要は急増してい...


  • 人工知能がTwitterなどの口コミ拡散を自動検知!WACUL、「AIアナリスト」に新機能追加

    WACULは、Webサイトを分析する人工知能「AIアナリスト」に、twitterなどでの自社サービスの口コミ拡散を自動検知する新機能を追加した。WACUL(ワ...


  • ミックスネットワーク、エイジア、エスキュービズム、WACULの4社が協業を開始

    ミックスネットワークは、エイジア、エスキュービズム、WACULと協業し、ECサイトやWebサイトのコンバージョンアップへ向けたトータルソリューション...


  • SEOで狙うべき検索キーワードを自動で提案!WACUL、「AIアナリスト」に新機能搭載

    WACUL(ワカル)は、Webサイト分析の人工知能「AIアナリスト」に新機能「検索キーワード候補分析」を追加した。「AIアナリスト」は、Googleアナリ...


  • ライフボート、多彩なバックアップが使える「LB バックアップワークス11」

    ライフボートは7日、システム全体のバックアップやリカバリなどが行えるバックアップソフト「LB バックアップワークス11」を発表した。10月24日より発...


  • インテージ、「INTAGE connect」経由で新たにネットリサーチデータの提供を開始

    インテージは6月12日、「INTAGE connect」を通してこれまで提供していたパネルデータなどに加えて、ネットリサーチのデータの提供を開始した。「I...


  • 準備できていますか? データを活用に導く5つのポイント 第2回 Decision Ready: 意思決定のためのデータ整備とは?

    ○データマネジメント民主化のための3つのポイントIoT/ビッグデータ時代を迎え利便性の高いさまざまなアナリティクスツールが浸透するようになりまし...


  • 企業のビッグデータを“価値ある情報”に転換!インテージ、米DataRobotとパートナー契約を締結

    インテージは、機械学習自動化プラットフォーム「DataRobot」を提供するDataRobot(本社:マサチューセッツ州ボストン)とSI/コンサルティングパー...


  • チーターデジタル、Movable Inkを販売開始 パーソナライズ化されたメールコンテンツを動的生成

    チーターデジタルはインテリジェントコンテンツ・プラットフォーム「Movable Ink」の販売を開始した。メールコンテンツのパーソナライズを自動的に...


  • マーケティングの「データ活用」は新たなステージに:「TREASURE Network Showcase vol.2」レポート

    データを活用したマーケティングのデジタル化の鍵を握るのは、「データ統合」だ。データから顧客を理解し、あらゆる顧客接点で顧客体験を最適化するに...