THREe(スリー)をご存知ですか?
近年、多くの企業から注目を集めているSaaS、THREe(スリー)ですが、 その機能価格評判について公式サイトやその他紹介メディアサイトを見ても分かりづらいという声を耳にしましたので、 私達の運営する本メディアSaaS比較マップではこれらの情報についてまとめてみました!

なお、SaaS比較マップ編集部ではTHREe(スリー)に関するご質問や導入の相談、 さらにはTHREe(スリー)に限らないSaaS全般に関して無料で相談をお受けしています。

THREe(スリー)やSaaSを活用した業務改善・売上や利益の向上にご興味のある方はお気軽にご相談ください!

まずは無料で相談してみる

THREe(スリー)の価格・料金は?

THREe(スリー)の導入を検討されるうえで最も気になるのはTHREe(スリー)の価格や料金のことかと思います。

SaaSを法人・企業で導入する際に、最も多くの支払いスキームは月額制です。
SaaSの中には年間契約・年額一括支払いを行うことで月々の利用料や初期費用が抑えられるものもありますので、THREe(スリー)について具体的に導入を検討する際にはそういった割引や年間プラン・複数年契約プランがないかも確認してみましょう!

またSaaSによっては導入時に初期費用等が発生することも多くございます。
THREe(スリー)に限らず、SaaSの導入検討をする際にはそういった初期費用も予算として見ておく必要があることをご留意ください。

さて、そういったSaaSならではの価格体系・料金体系についてご理解頂いたうえで本題のTHREe(スリー)の価格・料金についてです。
現在THREe(スリー)の公式サイトや各種メディアサイトで紹介されているTHREe(スリー)の価格・料金は
要相談
とのことでした。

残念ながら、多くの法人・企業向けサービスやSaaS同様、THREe(スリー)について価格や料金についての情報は一般公開されていませんでした。
しかしながら、当然正式に問い合わせを行い、その利用用途や法人・企業の規模あるいは導入時のプランについてTHREe(スリー)の担当者にお伝えすることで正式なお見積を出してもらうことは可能です!

具体的にTHREe(スリー)の導入を考えている方はもちろん、まずは価格・料金の目安について知りたいという方も、まずはお気軽に弊社までご相談ください。

まずは無料で相談してみる

THREe(スリー)に無料プラン・トライアルはある?ない?

月額固定の費用が発生したり、利用するアカウント数・ボリュームによって料金・価格の変動があるSaaSの導入検討時に気になるのが無料プランやトライアルがあるのか、ないのかですよね!

企業の基幹業務やインフラ的な部分を担うSaaSはもちろんのこと、現場のスタッフや全社の社員が日々使うことになるSaaSにおいて、その機能が自社のニーズや要件を満たしているかどうかといった点や、使い勝手の確認を有料の契約を行う前にしっかりと念入りにしておきたいというのは当然の心理です。
そういった、「本契約の前にまずは使ってみたい」というニーズはTHREe(スリー)に対しても抱いて当然です。

そこで、SaaS比較マップではTHREe(スリー)にも無料プランやトライアルがあるのかどうかを調べてみました。

しかし残念ながら、現在公開されているTHREe(スリー)に関する情報では無料プランやトライアルについてはあると明言されていませんでした。

THREe(スリー)の無料プラン・トライアルについての情報はほとんど開示されていないものの、多くのSaaS提供企業ではそのクライアントの契約内容や相談に応じて、機能を制限した無料プラン・トライアルアカウントを提供したり、サービスの使い勝手を確認できるデモアカウント提供したりしています。
THREe(スリー)についても、具体的な利用用途や契約として見込んでいる規模を営業担当者に伝えることで、無料プラン・トライアルやデモアカウントの発行をしてもらえる可能性は高いと言えるでしょう。

まずは弊社に導入の目的やその背景などをご連絡頂けますと、THREe(スリー)の営業担当者への紹介や、目的に適していて更に低コストの他SaaSシステム・サービスをご紹介させていただくことが可能です。
お気軽にご相談ください。

まずは無料で相談してみる

THREe(スリー)の機能概要・使い方について

THREe(スリー)について調べている方で本メディアにたどり着いている方なら、既にTHREe(スリー)の基本的な機能の概要や使い方についてはご存知かと思いますが、 ここで改めてTHREe(スリー)とは一体何ができるSaaSで、どういった目的に適したサービスなのかをご紹介させて頂きます。

THREe(スリー)の公式サイトや、THREe(スリー)を取り上げているメディアの紹介情報を総合すると、THREe(スリー)は次のような機能を提供します。

すっきりとしたリスティング広告の運用を提供しています。媒体一括編集機能により、面倒な手間を省いたスマートな運用が可能なサービス。

SaaSを企業・法人で導入する際には、導入の目的やその背景、さらには自社の性質(社員のスキルやITリテラシーなど)を踏まえて導入候補のSaaSがフィットするかを十分に検討する必要があります。
THREe(スリー)の導入を検討される場合も、本当に機能が足りているのかや目的にマッチしているのかを冷静に見極める必要があるでしょう。

少しでも気になる点や懸念がある場合は、是非お気軽に弊社コンサルタントまでご相談ください!

まずは無料で相談してみる

THREe(スリー)の評判・口コミは?

THREe(スリー)の導入を検討している方にとって気になるのが、THREe(スリー)の提供元以外、つまり第三者からの評判やレビューです。

そんなTHREe(スリー)の評判や口コミについて、SaaS比較マップでは各種レビューサイトや利用者の口コミ情報を収集し、総合的な観点から最大5つ星に収まるように評判・レビューを分析してみました。

評判・レビューの分析結果はこちら!

THREe(スリー)の評判・レビューは5点満点中、3.0となります。

ただしあくまでもこの値は各サイトやブログ、SNSなどの評判・レビューを分析した結果です。
SaaSの評判は自社の状況や導入目的によって大きく変わります。
THREe(スリー)が自社にとって有意義かどうか知りたい、という方は是非お気軽にご相談ください。

まずは無料で相談してみる

THREe(スリー)を検討している方はぜひお問い合わせください

SaaS比較マップ編集部ではTHREe(スリー)に関するご質問や導入の相談、 さらにはTHREe(スリー)に限らないSaaS全般に関して無料で相談をお受けしています。

THREe(スリー)やSaaSを活用した業務改善・売上や利益の向上にご興味のある方はお気軽にご相談ください!

THREe(スリー)に関するニュースや最新情報

  • 美容室終わりのような仕上がりに♡美容師イチ押しヘアオイル

    美容室でよく見かけるイチ押しヘアオイル天然由来成分配合の「N.」スタイリングセラム天然由来成分とシアバターでつくられた、髪のパサつきをおさえる...


  • THREEスキンケア「バランシング」ラインリニューアル、クレンジング オイルも新美容成分でパワーUP

    THREE(スリー)のスキンケア「バランシング」ラインがリニューアル。2019年10月2日(水)新しくなったTHREE「バランシング」ラインが発売をスタートする...


  • ブルーベースに似合う赤リップ20選パーソナルカラーブルベ肌を引き立てるこの夏おすすめのブルベ夏・冬向き赤リップをご紹介!|favor.life

    透明感あふれるブルーベースの肌にはブルベ向きの赤リップを!今回は前回好評だった「イエローベース向き赤リップ特集」のブルーベースバージョンをご...


  • また、SaaS全体の情報収集を目的に、下記ニュースもご覧になってはいかがでしょうか?

  • 「カメリオ」スパム疑惑騒動の、一連の流れを見て思ったこと - アクトゼロ ブロガーズ

    アクトゼロの藤村です。火曜日のプランナーズブログをお届けします。先週頭ほどから、ちょくちょくFacebookやTwitterのタイムラインに、こんな画像が...


  • 流行語、ソーシャルデータで大予測 〜2015ユーキャン新語・流行語大賞を、Twitterのデータから読み取る - アクトゼロ ブロガーズ

    こんにちは。アクトゼロの高寺です。早いもので今年の終わりまであと2ヶ月を切り、弊社の営業日で言えば残りわずか30日となりました。昨日、現代用語...


  • たった4日でぼったくり居酒屋を閉店させるTwitterの威力 - アクトゼロ ブロガーズ

    新年あけましておめでとうございます!アクトゼロの藤村です。本年もソーシャルメディアまわりの話題を中心に、最新の情報をお届けいたします。さて、...


  • 【アジア発!Breaking News】パキスタン版「インターナショナル・ニューヨーク・タイムズ」紙、トップ半面が真っ白のアクシデント。

    南アジアのパキスタンにいても国際ニュースを知りたいとして、『インターナショナル・ニューヨーク・タイムズ』紙を愛読していた人々は本当にビックリ...


  • 人工知能を表すドメイン「.ai」を提供するアンギラの生活は人工知能のようにハイテクなのか確かめてきた【インターリンク ドメイン島巡り 第7回「.ai」】

    -->-->-->-->-->-->時には片道40時間をかけてツバルまでも訪れてしまうとんでもない企画を実現するなど、インターリンクは島のドメイン約50種類に焦点...


  • 【バルス越え?】スマスマ生放送時のTwitterユーザーデータを検証してみた - アクトゼロ ブロガーズ

    アクトゼロの藤村です。木曜日のプランナーズブログをお送りします。今週月曜日、急遽生放送に変更となったフジテレビ系列の『SMAP×SMAP』。平均視聴...


  • 【海外発!Breaking News】アリゲーター スイカをくわえて逃亡中(米)

    アメリカ・フロリダ州でアリゲーターが大きなスイカを口にくわえている姿が捉えられた。『headlinedailynews.com』が伝えている。沼地や湿原が多い米...


  • Twitter分析で見る、ペヤング異物混入騒ぎ - アクトゼロ ブロガーズ

    アクトゼロの黒沼(@torukuronuma)です。インスタント焼きそばのペヤングを食べようとしたTwitterユーザーが、虫のようなものが混入しているのを発見し...


  • 一部ユーザーが熱望していた(?)Twitter公式でミュート機能が実装 - アクトゼロ ブロガーズ

    アクトゼロの藤村です。火曜日のプランナーズブログをお届けします。本日、Twitter公式が正式に「ミュート機能」の実装を発表しました。名称のとおり...


  • たった30年後、人類は万物の長ではなくなっている! - 島田範正

    もうあまり流行りませんが「ネットサーフィン」というフレーズがあります。ネットの海をリンクで辿ると、思いがけないものに出会うというニュアンスも...


  • カラ鉄バイトさんのツイートがTwitterを活用したO2O手法のお手本じみてる件 - アクトゼロ ブロガーズ

    アクトゼロの藤村です。火曜日のプランナーズブログをお届けします。先週末、ついっぷるトレンドでリツイートランキング一位に浮上していた、とあるア...


  • 【海外発!Breaking News】トランプ大統領の名も IS支持ハッカー集団、8,786人の名前・住所入り殺害リスト公開

    イスラム国(IS)支持のハッカー集団「ユナイテッド・サイバー・カリフ国(United Cyber Caliphate、以下UCC)」が先週末、8000人以上のアメリカ市民...


  • A10ネットワークス、暗号トラフィック可視化のセキュリティアプライアンス

    A10ネットワークスは4月7日、暗号化したトラフィックを可視化する専用セキュリティ・アプライアンスである「Thunder SSL Insight (Thunder SSLi)」を...


  • 【○○が消えた理由がガチ過ぎて怖い!】ツイッターのアプリ連携にはくれぐれもご注意を - アクトゼロ ブロガーズ

    みなさん、こんにちは。アクトゼロのプランナーズブログ、木曜日は山田がお届けします。先週からツイッターのタイムラインに、同じ内容のツイートが大...


  • 【海外発!Breaking News】CIAを解雇された訓練中の仔犬、今後を心配されるも幸せな生活を掴む(米)

    このほどCIA(米中央情報局)で爆発物探知犬となるべく訓練を受けていた雌のラブラドール・レトリバー“ルル”が、「訓練に全くやる気を見せない」と...


  • 航空機用ジェットエンジンの新しい潮流「ギヤードターボファン」の30年に及ぶ開発と今後の展望

    By PW1000G2015年が終わるまであと数か月を残すのみとなりましたが、旅客機の世界ではその数か月の間に従来にはなかった新しい機構を備えたジェットエ...


  • 標的型攻撃対策製品「RSA NetWitness Suite」、脅威情報の共有機能を強化

    EMCジャパンは12月6日、標的型サイバー攻撃対策スイート製品「RSA NetWitness Suite」のサイバー脅威インテリジェンス共有プラットフォームに「RSA Li...


  • 【海外発!Breaking News】なかなか割れない車窓に強盗犯ら退散 BMWに称賛の声(南ア)

    停車した車の窓を割り、貴重品を奪う「スマッシュ・アンド・グラブ(smash and grab)」は、南アフリカで多い犯罪である。しかし運転手も、犯罪に遭っ...


  • 楽天コミュニケーションズ、電話番号ごと効果測定ツール提供開始

    楽天コミュニケーションズは10月11日、電話の効果測定ツール「Call Intelligence(コール・インテリジェンス)」(旧Call Insight(コール・インサイ...


  • Facebook、Google、Microsoft、Amazon、IBMがAI団体を設立

    Facebook、Google、Google傘下のDeepMind、Microsoft、Amazon.com、IBMの6社は現地時間9月28日、人工知能(AI)の普及を目指す非営利団体「Partnershi...