GORILLA EFO(ゴリラEFO)をご存知ですか?
近年、多くの企業から注目を集めているSaaS、GORILLA EFO(ゴリラEFO)ですが、 その機能価格評判について公式サイトやその他紹介メディアサイトを見ても分かりづらいという声を耳にしましたので、 私達の運営する本メディアSaaS比較マップではこれらの情報についてまとめてみました!

なお、SaaS比較マップ編集部ではGORILLA EFO(ゴリラEFO)に関するご質問や導入の相談、 さらにはGORILLA EFO(ゴリラEFO)に限らないSaaS全般に関して無料で相談をお受けしています。

GORILLA EFO(ゴリラEFO)やSaaSを活用した業務改善・売上や利益の向上にご興味のある方はお気軽にご相談ください!

まずは無料で相談してみる

GORILLA EFO(ゴリラEFO)の価格・料金は?

GORILLA EFO(ゴリラEFO)の導入を検討されるうえで最も気になるのはGORILLA EFO(ゴリラEFO)の価格や料金のことかと思います。

SaaSを法人・企業で導入する際に、最も多くの支払いスキームは月額制です。
SaaSの中には年間契約・年額一括支払いを行うことで月々の利用料や初期費用が抑えられるものもありますので、GORILLA EFO(ゴリラEFO)について具体的に導入を検討する際にはそういった割引や年間プラン・複数年契約プランがないかも確認してみましょう!

またSaaSによっては導入時に初期費用等が発生することも多くございます。
GORILLA EFO(ゴリラEFO)に限らず、SaaSの導入検討をする際にはそういった初期費用も予算として見ておく必要があることをご留意ください。

さて、そういったSaaSならではの価格体系・料金体系についてご理解頂いたうえで本題のGORILLA EFO(ゴリラEFO)の価格・料金についてです。
現在GORILLA EFO(ゴリラEFO)の公式サイトや各種メディアサイトで紹介されているGORILLA EFO(ゴリラEFO)の価格・料金は
月額9,800~
とのことでした。

なお、導入時期によってはキャンペーンでの割引があることもございますので、GORILLA EFO(ゴリラEFO)の最新の価格情報については是非お気軽にお問い合わせ・ご相談ください!

まずは無料で相談してみる

GORILLA EFO(ゴリラEFO)に無料プラン・トライアルはある?ない?

月額固定の費用が発生したり、利用するアカウント数・ボリュームによって料金・価格の変動があるSaaSの導入検討時に気になるのが無料プランやトライアルがあるのか、ないのかですよね!

企業の基幹業務やインフラ的な部分を担うSaaSはもちろんのこと、現場のスタッフや全社の社員が日々使うことになるSaaSにおいて、その機能が自社のニーズや要件を満たしているかどうかといった点や、使い勝手の確認を有料の契約を行う前にしっかりと念入りにしておきたいというのは当然の心理です。
そういった、「本契約の前にまずは使ってみたい」というニーズはGORILLA EFO(ゴリラEFO)に対しても抱いて当然です。

そこで、SaaS比較マップではGORILLA EFO(ゴリラEFO)にも無料プランやトライアルがあるのかどうかを調べてみました。

しかし残念ながら、現在公開されているGORILLA EFO(ゴリラEFO)に関する情報では無料プランやトライアルについてはあると明言されていませんでした。

GORILLA EFO(ゴリラEFO)の無料プラン・トライアルについての情報はほとんど開示されていないものの、多くのSaaS提供企業ではそのクライアントの契約内容や相談に応じて、機能を制限した無料プラン・トライアルアカウントを提供したり、サービスの使い勝手を確認できるデモアカウント提供したりしています。
GORILLA EFO(ゴリラEFO)についても、具体的な利用用途や契約として見込んでいる規模を営業担当者に伝えることで、無料プラン・トライアルやデモアカウントの発行をしてもらえる可能性は高いと言えるでしょう。

まずは弊社に導入の目的やその背景などをご連絡頂けますと、GORILLA EFO(ゴリラEFO)の営業担当者への紹介や、目的に適していて更に低コストの他SaaSシステム・サービスをご紹介させていただくことが可能です。
お気軽にご相談ください。

まずは無料で相談してみる

GORILLA EFO(ゴリラEFO)の機能概要・使い方について

GORILLA EFO(ゴリラEFO)について調べている方で本メディアにたどり着いている方なら、既にGORILLA EFO(ゴリラEFO)の基本的な機能の概要や使い方についてはご存知かと思いますが、 ここで改めてGORILLA EFO(ゴリラEFO)とは一体何ができるSaaSで、どういった目的に適したサービスなのかをご紹介させて頂きます。

GORILLA EFO(ゴリラEFO)の公式サイトや、GORILLA EFO(ゴリラEFO)を取り上げているメディアの紹介情報を総合すると、GORILLA EFO(ゴリラEFO)は次のような機能を提供します。

【GORILLA EFO】は、Webマーケティング会社ブルースクレイ・ジャパンが作ったEFOツールです。フォームアシスト機能などの20機能が月額9,800円でご利用いただけます。スマホ、PC、ECサイトとあらゆるページの導入実…

SaaSを企業・法人で導入する際には、導入の目的やその背景、さらには自社の性質(社員のスキルやITリテラシーなど)を踏まえて導入候補のSaaSがフィットするかを十分に検討する必要があります。
GORILLA EFO(ゴリラEFO)の導入を検討される場合も、本当に機能が足りているのかや目的にマッチしているのかを冷静に見極める必要があるでしょう。

少しでも気になる点や懸念がある場合は、是非お気軽に弊社コンサルタントまでご相談ください!

まずは無料で相談してみる

GORILLA EFO(ゴリラEFO)の評判・口コミは?

GORILLA EFO(ゴリラEFO)の導入を検討している方にとって気になるのが、GORILLA EFO(ゴリラEFO)の提供元以外、つまり第三者からの評判やレビューです。

そんなGORILLA EFO(ゴリラEFO)の評判や口コミについて、SaaS比較マップでは各種レビューサイトや利用者の口コミ情報を収集し、総合的な観点から最大5つ星に収まるように評判・レビューを分析してみました。

評判・レビューの分析結果はこちら!

GORILLA EFO(ゴリラEFO)の評判・レビューは5点満点中、3.0となります。

ただしあくまでもこの値は各サイトやブログ、SNSなどの評判・レビューを分析した結果です。
SaaSの評判は自社の状況や導入目的によって大きく変わります。
GORILLA EFO(ゴリラEFO)が自社にとって有意義かどうか知りたい、という方は是非お気軽にご相談ください。

まずは無料で相談してみる

GORILLA EFO(ゴリラEFO)を検討している方はぜひお問い合わせください

SaaS比較マップ編集部ではGORILLA EFO(ゴリラEFO)に関するご質問や導入の相談、 さらにはGORILLA EFO(ゴリラEFO)に限らないSaaS全般に関して無料で相談をお受けしています。

GORILLA EFO(ゴリラEFO)やSaaSを活用した業務改善・売上や利益の向上にご興味のある方はお気軽にご相談ください!

GORILLA EFO(ゴリラEFO)に関するニュースや最新情報

GORILLA EFO(ゴリラEFO)に関するニュースや最新情報は見つかりませんでした。
代わりにSaaS全体の情報収集を目的に、下記ニュースをご覧になってはいかがでしょうか?

  • クライドの「ADMATRIX DSP」、BtoBマーケティングプラットフォーム「FORCAS」と連携

    クライドは、同社の広告配信プラットフォーム「ADMATRIX DSP」におけるリードジェネレーション領域の生産性向上を目的として、BtoBマーケティングプ...


  • フルスピード、サイトのアクセス状況を一画面に集約し可視化するサービス

    フルスピードは1月22日、広告プロモーションやWebサイトのアクセス状況を一画面で表示できる「AdMatrix Dashboard(アドマトリックス ダッシュボード)...


  • フルスピードの「ADMATRIX DSP」、Momentumと連携 ブランド保護を強化

    アドテクノロジー開発とインターネットマーケティング事業を行うフルスピードは、Momentumが提供するブランドセーフティソリューション「Black Swan...


  • フルスピードのDSPがスマホ動画アドネットワークと連携 ブランドセーフティー重視の動画広告配信へ

    フルスピードは、同社が提供するディスプレイ広告配信プラットフォーム「ADMATRIX DSP」において、子会社のカームボールドが運営する動画配信プラッ...


  • Drawbridge、クライドへクロスデバイスIDマッチングソリューションの提供を開始

    Drawbridgeは、三井物産を通じてクライドに、複数デバイスをまたがり同一ユーザーを推定する「Connected Consumer Graph」の提供を開始した。クラ...


  • 広告レポートの作成業務を軽減!運用型広告レポート作成ツール「アドレポ」とフルスピードのDSPが連携

    EVERRISEが提供する運用型広告レポート自動作成ツール「アドレポ」は、フルスピードのDSP「ADMATRIX DSP」との連携を開始した。EVERRISEは、同社...


  • クライドのDSPがGMOリサーチの消費者データと連携 高精度なターゲティング広告配信が可能に

    フルスピードの子会社でBtoB企業支援のアドテクノロジー事業を展開するクライドは、同社が提供する広告配信プラットフォーム「ADMATRIX DSP」におい...


  • テレ玉ももクロ特番 Web上で無料同時配信決定

    テレ玉(地デジ3ch)では、動画配信プラットフォーム「J-Stream Equipmedia」を利用し、12月30日(金)にテレ玉で放送する「HOT WAVEももいろクローバー...


  • Jストリーム、動画広告ソリューションを提供開始〜自社の動画コンテンツで収益化する環境を提供

    Jストリームは、動画配信プラットフォーム「J-Stream Equipmedia」と連携した動画広告ソリューションの提供を11月より開始した。同ソリューションで...


  • 東芝コンシューママーケティングがJストリームのプラットフォーム採用、ECサイトに商品動画を一括配信へ

    東芝コンシューママーケティングは、Jストリーム提供の動画配信プラットフォームを採用。これにより、JストリームのパートナーとなっているECサイト...


  • ソルクシーズとJストリームが連携、エンタープライズ向けにストリーミング動画の共有機能を提供開始

    ソルクシーズとJストリームは、企業向けファイル共有サービス「Cloud Shared Office ECM」にストリーミング動画の共有機能を追加。両社で販売を開始...


  • フェリシモがJストリームの動画配信プラットフォームを50周年特別イベントに採用、ライブ配信等実施

    フェリシモは、創立50周年特別企画イベントの動画配信に、Jストリームの動画配信プラットフォームを採用した。イベント会場からのライブ配信と、後...


  • ねこじゃらし、クラウドバックアップ「BackStore by Druva」を提供

    ねこじゃらしは4月18日、Druvaとサービスプロバイダーとしての契約を締結したと発表。それに伴い、Druvaのクラウドバックアップサービス「inSync」「P...


  • 【レポート】BCP対策の決め手となるクラウドバックアップ。その課題と選定ポイント

    現在のビジネスにおいてデータは命である。万が一、データが失われてしまうと企業活動そのものが停止することもあり得る。そして近年では、災害時にお...


  • ねこじゃらし、エンタープライズ向けハイブリッドバックアップサービス開始

    遠隔地分散クラウドバックアップサービス「BackStore」を運営するねこじゃらしは7日、エンタープライズ向けにプライベートクラウドとパブリッククラウ...


  • NTTデータとグッドパッチ、UXデザイン分野で協業

    NTTデータとグッドパッチは28日、顧客の新規サービス創出支援を目的として、UX(ユーザーエクスペリエンス)デザイン分野で協業することを合意したと発...


  • 写真映えも抜群。 「トースト巡り」がブームの予感!落ち着き空間でトーストグルメが楽しめる都内おすすめカフェ・喫茶店。

    2018.11.19写真映えも抜群。「トースト巡り」がブームの予感!落ち着き空間でトーストグルメが楽しめる都内おすすめカフェ・喫茶店。サクッと簡単に食...


  • AmazonのAlexa、いきなり笑い出す事例が複数発生中。Amazonは修正中

     AmazonのAI(人工知能)アシスタント「Alexa」が突然笑い出す、という奇妙な現象が複数報告されています。Amazonは問題を認識し、修正に取り組...


  • 「コスメキッチン ジューサリー」代官山本店が閉店、業態変更へ

    「コスメキッチン(Cosme Kitchen)」代官山に併設されていた「コスメキッチン ジューサリー(Cosme Kitchen Juicery)」代官山本店が、2月7日に閉...


  • 今年もGINZA SIXから目が離せない!話題のショップや限定メニュー、ブランドが春の新定番を提案

    銀座エリア最大の商業施設「GINZA SIX(ギンザシックス)」では、世界中の美食が集まる銀座において、一流の作り手が春の味覚をアレンジした今春限定の...