Easy Entry(イージーエントリー)をご存知ですか?
近年、多くの企業から注目を集めているSaaS、Easy Entry(イージーエントリー)ですが、 その機能価格評判について公式サイトやその他紹介メディアサイトを見ても分かりづらいという声を耳にしましたので、 私達の運営する本メディアSaaS比較マップではこれらの情報についてまとめてみました!

なお、SaaS比較マップ編集部ではEasy Entry(イージーエントリー)に関するご質問や導入の相談、 さらにはEasy Entry(イージーエントリー)に限らないSaaS全般に関して無料で相談をお受けしています。

Easy Entry(イージーエントリー)やSaaSを活用した業務改善・売上や利益の向上にご興味のある方はお気軽にご相談ください!

まずは無料で相談してみる

Easy Entry(イージーエントリー)の価格・料金は?

Easy Entry(イージーエントリー)の導入を検討されるうえで最も気になるのはEasy Entry(イージーエントリー)の価格や料金のことかと思います。

SaaSを法人・企業で導入する際に、最も多くの支払いスキームは月額制です。
SaaSの中には年間契約・年額一括支払いを行うことで月々の利用料や初期費用が抑えられるものもありますので、Easy Entry(イージーエントリー)について具体的に導入を検討する際にはそういった割引や年間プラン・複数年契約プランがないかも確認してみましょう!

またSaaSによっては導入時に初期費用等が発生することも多くございます。
Easy Entry(イージーエントリー)に限らず、SaaSの導入検討をする際にはそういった初期費用も予算として見ておく必要があることをご留意ください。

さて、そういったSaaSならではの価格体系・料金体系についてご理解頂いたうえで本題のEasy Entry(イージーエントリー)の価格・料金についてです。
現在Easy Entry(イージーエントリー)の公式サイトや各種メディアサイトで紹介されているEasy Entry(イージーエントリー)の価格・料金は
要相談
とのことでした。

残念ながら、多くの法人・企業向けサービスやSaaS同様、Easy Entry(イージーエントリー)について価格や料金についての情報は一般公開されていませんでした。
しかしながら、当然正式に問い合わせを行い、その利用用途や法人・企業の規模あるいは導入時のプランについてEasy Entry(イージーエントリー)の担当者にお伝えすることで正式なお見積を出してもらうことは可能です!

具体的にEasy Entry(イージーエントリー)の導入を考えている方はもちろん、まずは価格・料金の目安について知りたいという方も、まずはお気軽に弊社までご相談ください。

まずは無料で相談してみる

Easy Entry(イージーエントリー)に無料プラン・トライアルはある?ない?

月額固定の費用が発生したり、利用するアカウント数・ボリュームによって料金・価格の変動があるSaaSの導入検討時に気になるのが無料プランやトライアルがあるのか、ないのかですよね!

企業の基幹業務やインフラ的な部分を担うSaaSはもちろんのこと、現場のスタッフや全社の社員が日々使うことになるSaaSにおいて、その機能が自社のニーズや要件を満たしているかどうかといった点や、使い勝手の確認を有料の契約を行う前にしっかりと念入りにしておきたいというのは当然の心理です。
そういった、「本契約の前にまずは使ってみたい」というニーズはEasy Entry(イージーエントリー)に対しても抱いて当然です。

そこで、SaaS比較マップではEasy Entry(イージーエントリー)にも無料プランやトライアルがあるのかどうかを調べてみました。

しかし残念ながら、現在公開されているEasy Entry(イージーエントリー)に関する情報では無料プランやトライアルについてはあると明言されていませんでした。

Easy Entry(イージーエントリー)の無料プラン・トライアルについての情報はほとんど開示されていないものの、多くのSaaS提供企業ではそのクライアントの契約内容や相談に応じて、機能を制限した無料プラン・トライアルアカウントを提供したり、サービスの使い勝手を確認できるデモアカウント提供したりしています。
Easy Entry(イージーエントリー)についても、具体的な利用用途や契約として見込んでいる規模を営業担当者に伝えることで、無料プラン・トライアルやデモアカウントの発行をしてもらえる可能性は高いと言えるでしょう。

まずは弊社に導入の目的やその背景などをご連絡頂けますと、Easy Entry(イージーエントリー)の営業担当者への紹介や、目的に適していて更に低コストの他SaaSシステム・サービスをご紹介させていただくことが可能です。
お気軽にご相談ください。

まずは無料で相談してみる

Easy Entry(イージーエントリー)の機能概要・使い方について

Easy Entry(イージーエントリー)について調べている方で本メディアにたどり着いている方なら、既にEasy Entry(イージーエントリー)の基本的な機能の概要や使い方についてはご存知かと思いますが、 ここで改めてEasy Entry(イージーエントリー)とは一体何ができるSaaSで、どういった目的に適したサービスなのかをご紹介させて頂きます。

Easy Entry(イージーエントリー)の公式サイトや、Easy Entry(イージーエントリー)を取り上げているメディアの紹介情報を総合すると、Easy Entry(イージーエントリー)は次のような機能を提供します。

Easy Entryはフォームの問題点を発見するためのツールです。

SaaSを企業・法人で導入する際には、導入の目的やその背景、さらには自社の性質(社員のスキルやITリテラシーなど)を踏まえて導入候補のSaaSがフィットするかを十分に検討する必要があります。
Easy Entry(イージーエントリー)の導入を検討される場合も、本当に機能が足りているのかや目的にマッチしているのかを冷静に見極める必要があるでしょう。

少しでも気になる点や懸念がある場合は、是非お気軽に弊社コンサルタントまでご相談ください!

まずは無料で相談してみる

Easy Entry(イージーエントリー)の評判・口コミは?

Easy Entry(イージーエントリー)の導入を検討している方にとって気になるのが、Easy Entry(イージーエントリー)の提供元以外、つまり第三者からの評判やレビューです。

そんなEasy Entry(イージーエントリー)の評判や口コミについて、SaaS比較マップでは各種レビューサイトや利用者の口コミ情報を収集し、総合的な観点から最大5つ星に収まるように評判・レビューを分析してみました。

評判・レビューの分析結果はこちら!

Easy Entry(イージーエントリー)の評判・レビューは5点満点中、3.0となります。

ただしあくまでもこの値は各サイトやブログ、SNSなどの評判・レビューを分析した結果です。
SaaSの評判は自社の状況や導入目的によって大きく変わります。
Easy Entry(イージーエントリー)が自社にとって有意義かどうか知りたい、という方は是非お気軽にご相談ください。

まずは無料で相談してみる

Easy Entry(イージーエントリー)を検討している方はぜひお問い合わせください

SaaS比較マップ編集部ではEasy Entry(イージーエントリー)に関するご質問や導入の相談、 さらにはEasy Entry(イージーエントリー)に限らないSaaS全般に関して無料で相談をお受けしています。

Easy Entry(イージーエントリー)やSaaSを活用した業務改善・売上や利益の向上にご興味のある方はお気軽にご相談ください!

Easy Entry(イージーエントリー)に関するニュースや最新情報

Easy Entry(イージーエントリー)に関するニュースや最新情報は見つかりませんでした。
代わりにSaaS全体の情報収集を目的に、下記ニュースをご覧になってはいかがでしょうか?

  • トーマス・ダベンポートが語る“アナリティクス3.0”、「Google アナリティクス プレミアム」は次のステージへ

    NRIネットコムの山田輝明です。年に一度サンフランシスコで開かれる「Google アナリティクス サミット 2013」に参加し、今までのサミットとの大きな...


  • IMJ、「Google アナリティクス プレミアム」販売開始、独自のコンサルサービスも

    IMJのMarketing & Technology Labsは、「Google アナリティクス プレミアム」の国内販売と、各種コンサルティングサービスの提供を開始した。...


  • イー・エージェンシー、「Google アナリティクス プレミアム」を産経デジタル、マイナビ、オリコンのサイトに導入

    イー・エージェンシーは、「Google アナリティクス プレミアム リセラー」として、国内での正式販売を開始。すでに導入を果たしたサイトを発表した...


  • 「Data in Action」データはアクションを起こしてこそ意味をなす【Google アナリティクス サミット 2014 レポート】

    5月28日、29日の2日間にかけて、米国サンフランシスコで「Google アナリティクス サミット 2014」が開催された。例年は、10〜11月にGoogle 本社近く...


  • レジ業務だけじゃない! シフト管理や利益最大化もスマホやタブレットで……業界初となるAirレジ連携サービス、リクルートライフスタイルが今春リリース

    小売業・飲食業・各種サービス業などで、レジ業務をスマホやタブレットで完結させる流れが加速している――。「0円でカンタンに使えるPOSレジアプリ」...


  • リクルートライフスタイル、飲食店経営をカイゼンする「Airメイト」

    リクルートライフスタイルは、飲食業界初となる飲食店経営の「改善の仕組み」を提供する、お店の経営アシスタント「Airメイト」を2018年春から順次...


  • タブレットPOSは店舗経営者のよき相談相手になる―― コスト0で売り上げ1.8倍の秘密

    仕入れ価格の上昇や人材不足が続いている。中小規模の店舗は収益とマンパワーの両面で余裕がない中での運営を強いられており、オーナーや店長が自ら...


  • テクノロジーを駆使して店舗経営 - Airレジが挑む未来の店舗経営

    ●関連サービスが急成長リクルートライフスタイルがこのほど、同社の事業戦略を説明する発表会「Airレジ カンファレンス 2018」を開催した。4年目を迎...


  • バイトのシフト表を自動で作る「Airシフト」、AI導入の理由は“納得感”向上

    飲食店や小売店ではアルバイトの採用難が続いており、シフト(勤務予定)の調整は店舗オーナーや店長にとって悩みの種になっている。そこで、シフト...


  • 働き方改革で労務管理システム関連市場が拡大 バイトのシフト作成にAI活用も

    働き方改革に取り組む企業が増える中、業務の効率化や生産性の向上を実現するためのサービスが登場し、関連市場が拡大を続けている。■働き方改革を...


  • シフト管理サービス「Airシフト」、面倒なシフト作成などの手間を解消

    リクルートライフスタイルは4月2日、シフト表の作成からスタッフとのやり取りまで、1つのサービスで完結するシフト管理サービス「Airシフト」の提供...


  • IBM、リード育成管理が可能なマーケティング・オートメーション「Silverpop Engage」

    日本IBMは、個々の顧客に合わせたリアルタイムなエンゲージメントを可能にする、クラウド・ベースのマーケティング・オートメーション・ソリューシ...


  • IBM、SaaS型マーケティングオートメーション「IBM Silverpop Engage」

    日本IBMは11月28日、個々の顧客に合わせたリアルタイムなエンゲージメントを可能にする、クラウド・ベースのマーケティング・オートメーション・ソリ...


  • 今年前半に活躍した“YouTuber”は?

    エビリーは7月25日、今年前半に活躍した“YouTuber100人”を発表した(https://app.kamuitracker.com/half_yearly_ranking)。これは、同社が運営する...


  • 2017年上半期のNo.1 YouTuber発表―SNS動画マーケティングサービス「kamui tracker」より―

    株式会社エビリーは、7月25日、同社が運営するSNS動画マーケティングサービス「kamui tracker」において、2017年上半期YouTubeランキングを発表した。...


  • グーグルはコードの品質向上のため「バグ予測アルゴリズム」を採用している - Publickey

    グーグルでは、社内のプログラマによって作り出される大量のコードの品質を保つため、チェックイン前にユニットテストとコードレビューが行われている...


  • QNX、車載プラットフォームの新バージョンでAndroid/Qtなどに対応

    QNX Software Systemsは6月13日、車載インフォテイメント用プラットフォームの新バージョン「QNX CAR Platform for Infotainment 2.1」を発表した。QN...


  • キャリアの成功へと導くための履歴書にまつわる10のコツ

    Photo by Elliot P.ライフハッカーでは、これまでにもキャリアチェンジに欠かせない履歴書について、数々のテーマを採り上げてきましたが、こちらでは...


  • ソーシャルメディアハンドブック-初めての起業家のための57のリソース

    これからスタートアップを始めたいという起業家にとって避けて通れないのがソーシャルですよね。今回は、自らもシリアルアントレプレナーの筆者が、ソ...


  • アメリカ人に衝撃、医療&教育の世界ランキングが6位から27位に落ちる…海外の反応

    多方面で世界一を誇ってきたアメリカですが、格差が広がりレベルやランクが落ちている分野もすくなくありません。特に医療や教育分野では、1990年に6...