Drupal(ドゥルーパル)をご存知ですか?
近年、多くの企業から注目を集めているSaaS、Drupal(ドゥルーパル)ですが、 その機能価格評判について公式サイトやその他紹介メディアサイトを見ても分かりづらいという声を耳にしましたので、 私達の運営する本メディアSaaS比較マップではこれらの情報についてまとめてみました!

なお、SaaS比較マップ編集部ではDrupal(ドゥルーパル)に関するご質問や導入の相談、 さらにはDrupal(ドゥルーパル)に限らないSaaS全般に関して無料で相談をお受けしています。

Drupal(ドゥルーパル)やSaaSを活用した業務改善・売上や利益の向上にご興味のある方はお気軽にご相談ください!

まずは無料で相談してみる

Drupal(ドゥルーパル)の価格・料金は?

Drupal(ドゥルーパル)の導入を検討されるうえで最も気になるのはDrupal(ドゥルーパル)の価格や料金のことかと思います。

SaaSを法人・企業で導入する際に、最も多くの支払いスキームは月額制です。
SaaSの中には年間契約・年額一括支払いを行うことで月々の利用料や初期費用が抑えられるものもありますので、Drupal(ドゥルーパル)について具体的に導入を検討する際にはそういった割引や年間プラン・複数年契約プランがないかも確認してみましょう!

またSaaSによっては導入時に初期費用等が発生することも多くございます。
Drupal(ドゥルーパル)に限らず、SaaSの導入検討をする際にはそういった初期費用も予算として見ておく必要があることをご留意ください。

さて、そういったSaaSならではの価格体系・料金体系についてご理解頂いたうえで本題のDrupal(ドゥルーパル)の価格・料金についてです。
現在Drupal(ドゥルーパル)の公式サイトや各種メディアサイトで紹介されているDrupal(ドゥルーパル)の価格・料金は
要相談
とのことでした。

残念ながら、多くの法人・企業向けサービスやSaaS同様、Drupal(ドゥルーパル)について価格や料金についての情報は一般公開されていませんでした。
しかしながら、当然正式に問い合わせを行い、その利用用途や法人・企業の規模あるいは導入時のプランについてDrupal(ドゥルーパル)の担当者にお伝えすることで正式なお見積を出してもらうことは可能です!

具体的にDrupal(ドゥルーパル)の導入を考えている方はもちろん、まずは価格・料金の目安について知りたいという方も、まずはお気軽に弊社までご相談ください。

まずは無料で相談してみる

Drupal(ドゥルーパル)に無料プラン・トライアルはある?ない?

月額固定の費用が発生したり、利用するアカウント数・ボリュームによって料金・価格の変動があるSaaSの導入検討時に気になるのが無料プランやトライアルがあるのか、ないのかですよね!

企業の基幹業務やインフラ的な部分を担うSaaSはもちろんのこと、現場のスタッフや全社の社員が日々使うことになるSaaSにおいて、その機能が自社のニーズや要件を満たしているかどうかといった点や、使い勝手の確認を有料の契約を行う前にしっかりと念入りにしておきたいというのは当然の心理です。
そういった、「本契約の前にまずは使ってみたい」というニーズはDrupal(ドゥルーパル)に対しても抱いて当然です。

そこで、SaaS比較マップではDrupal(ドゥルーパル)にも無料プランやトライアルがあるのかどうかを調べてみました。

しかし残念ながら、現在公開されているDrupal(ドゥルーパル)に関する情報では無料プランやトライアルについてはあると明言されていませんでした。

Drupal(ドゥルーパル)の無料プラン・トライアルについての情報はほとんど開示されていないものの、多くのSaaS提供企業ではそのクライアントの契約内容や相談に応じて、機能を制限した無料プラン・トライアルアカウントを提供したり、サービスの使い勝手を確認できるデモアカウント提供したりしています。
Drupal(ドゥルーパル)についても、具体的な利用用途や契約として見込んでいる規模を営業担当者に伝えることで、無料プラン・トライアルやデモアカウントの発行をしてもらえる可能性は高いと言えるでしょう。

まずは弊社に導入の目的やその背景などをご連絡頂けますと、Drupal(ドゥルーパル)の営業担当者への紹介や、目的に適していて更に低コストの他SaaSシステム・サービスをご紹介させていただくことが可能です。
お気軽にご相談ください。

まずは無料で相談してみる

Drupal(ドゥルーパル)の機能概要・使い方について

Drupal(ドゥルーパル)について調べている方で本メディアにたどり着いている方なら、既にDrupal(ドゥルーパル)の基本的な機能の概要や使い方についてはご存知かと思いますが、 ここで改めてDrupal(ドゥルーパル)とは一体何ができるSaaSで、どういった目的に適したサービスなのかをご紹介させて頂きます。

Drupal(ドゥルーパル)の公式サイトや、Drupal(ドゥルーパル)を取り上げているメディアの紹介情報を総合すると、Drupal(ドゥルーパル)は次のような機能を提供します。

Drupal(ドゥルーパル)は充実したコンテンツ管理機能をはじめ、会員管理、キーワード検索、RSS配信など豊富な機能を持つ本格的なオープンソースのCMSです。

SaaSを企業・法人で導入する際には、導入の目的やその背景、さらには自社の性質(社員のスキルやITリテラシーなど)を踏まえて導入候補のSaaSがフィットするかを十分に検討する必要があります。
Drupal(ドゥルーパル)の導入を検討される場合も、本当に機能が足りているのかや目的にマッチしているのかを冷静に見極める必要があるでしょう。

少しでも気になる点や懸念がある場合は、是非お気軽に弊社コンサルタントまでご相談ください!

まずは無料で相談してみる

Drupal(ドゥルーパル)の評判・口コミは?

Drupal(ドゥルーパル)の導入を検討している方にとって気になるのが、Drupal(ドゥルーパル)の提供元以外、つまり第三者からの評判やレビューです。

そんなDrupal(ドゥルーパル)の評判や口コミについて、SaaS比較マップでは各種レビューサイトや利用者の口コミ情報を収集し、総合的な観点から最大5つ星に収まるように評判・レビューを分析してみました。

評判・レビューの分析結果はこちら!

Drupal(ドゥルーパル)の評判・レビューは5点満点中、3.0となります。

ただしあくまでもこの値は各サイトやブログ、SNSなどの評判・レビューを分析した結果です。
SaaSの評判は自社の状況や導入目的によって大きく変わります。
Drupal(ドゥルーパル)が自社にとって有意義かどうか知りたい、という方は是非お気軽にご相談ください。

まずは無料で相談してみる

Drupal(ドゥルーパル)を検討している方はぜひお問い合わせください

SaaS比較マップ編集部ではDrupal(ドゥルーパル)に関するご質問や導入の相談、 さらにはDrupal(ドゥルーパル)に限らないSaaS全般に関して無料で相談をお受けしています。

Drupal(ドゥルーパル)やSaaSを活用した業務改善・売上や利益の向上にご興味のある方はお気軽にご相談ください!

Drupal(ドゥルーパル)に関するニュースや最新情報

  • 電通アイソバー、CMS「Drupal」などを提供する米Acquiaと提携 コンサル〜運用を一括で支援

    電通アイソバーは11月7日、グローバル企業向けオープンソースCMS「Drupal(ドゥルーパル)」などを提供する米Acquia(アクイア)とパートナーシップ...


  • 店舗の接客をデジタル上でも! 年間3,000万人がサイトを訪れるWendy’sのデジタル戦略とは

    米国時間11月7日(水)〜9日(金)にかけて、エンタープライズ向けオープンソースCMS「Drupal(ドゥルーパル)」などを提供するアメリカのAcquiaは...


  • また、SaaS全体の情報収集を目的に、下記ニュースもご覧になってはいかがでしょうか?

  • KMSI、BIツール最新版「Yellowfin 7.1」の提供を開始 - データ可視化を強化

    京セラ丸善システムインテグレーション(KMSI)は9月9日、BI(ビジネスインテリジェンス)ツールの最新版「Yellowfin 7.1(イエローフィン)」の提供を開始...


  • アドバンリンク、BIツール「Yellowfin」代理店へ〜マーケティング分析ソリューションを強化

    アドバンリンクは、Yellowfin Japanと、BIツールの販売代理店契約を締結した。アドバンリンクは、Yellowfin Japanと、BIツール「Yellowfin(イエロ...


  • KMSI、投票機能やユーザビリティを向上したモバイル対応BIツールの最新版

    京セラ丸善システムインテグレーション(以下、KMSI)は、2013年12月下旬よりモバイル対応BI(ビジネスインテリジェンス)ツールの最新版「Yellowfin 7(イ...


  • マーケティングオートメーションの新勢力、「Marketo」と「Experian Cross-Channel Marketing Platform」【後編】

    最終回は、デジタルマーケティング専業ベンダー2社の新たな動きを紹介。独自取材を続けてきた谷川耕一氏が、マーケティングオートメーションの現状...


  • 電通ワンダーマン、クチコミ&購買行動分析サービス「Brand Experience Impact Survey」と、「IBM Campaign」を活用したMSPソリューションを提供

    電通ワンダーマンは、クチコミの実態把握をもとにした戦略・戦術構築支援パッケージ「Brand Experience Impact Survey」を提供。さらに、「IBM Camp...


  • 日本IBM、マーケティング支援のソフトウェア群‐顧客行動の統合的分析

    日本IBMは2月4日、モバイルやPCのWebサイト、コールセンターなど、複数の接点における顧客行動の統合的な分析や、販売促進キャンペーンの計画・実施、...


  • 住信SBIネット銀行、顧客にパーソナライズした情報を提供する新たな基盤

    日本IBMは10月27日、住信SBIネット銀行が新たなマーケティング基盤として、個々の顧客にパーソナライズした情報を提供するため「IBM Campaign」、「IB...


  • トヨタファイナンス、One to Oneマーケティングの強化にIBM製品を採用

    トヨタファイナンスは新たなマーケティング基盤として、日本IBMのオムニチャネル・マーケティングプラットフォーム「IBM® Campaign(キャンペ...


  • オートバックス、IBM製品でビッグデータ分析などマーケティング基盤刷新

    日本IBMは3月25日、オートバックスセブンが、個々の顧客に適したマーケティングを迅速かつ効果的に進めるため、IBM製品群を採用した新しいマーケティ...


  • テレビ視聴、広告の未来はどうなるの?CES 2013に見る米の試行錯誤の最先端【西村真里子】

    [読了時間:7分]全回好評だったバスキュール西村真里子さんの世界最大級デジタル家電カンファレンスCES 2013のレポートの第2弾です。今回は広告やコ...


  • 日本IBM、広島銀行のネットバンキングで欲しい情報のリアルタイム提供支援

    日本IBMは26日、広島銀行のインターネットバンキングで欲しい情報のリアルタイム提供を支援すると発表した。日本IBMは広島銀行のオムニチャネル・マー...


  • 「Ctrl+Alt+DelでWindowsにログインするのはミスだった」とビル・ゲイツが語る

    By StephenMitchellハーバード大学で行われたハーバード・キャンペーンというイベントにMicrosoftの会長ビル・ゲイツが出席し、インタビューが行われ...


  • 日本情報通信、O2Oマーケティングを実現するためのクラウドサービス

    日本情報通信(以下、NI+C)は、Webサイトやモバイル、実店舗などさまざまな顧客接点をまたがる「クロスチャネル」で、オンラインとオフラインの購買活...


  • マーケティング自動化によって「マーケティング活動の主導権を企業に取り戻す」【中編】「IBM Enterprise Marketing Management」と「Adobe Marketing Cloud」

    マーケティング自動化の目的のひとつは「マーケティング活動の主導権をアウトソーシング先から企業側に取り戻すこと」。大手ITベンダーによる買収攻...


  • IBMがタワーレコードの顧客管理システム「CRM PDCA推進システム」を構築

    日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は、タワーレコード株式会社の顧客管理システム「CRM PDCA推進システム」の構築を開始したことを発表した。...


  • エイプリルフール2018まとめ(公式)

    2018年4月1日0時から、エイプリルフールネタサイトを更新追記しています。日本インターネットエイプリルフール協会公式まとめです。最新のエイプリル...


  • Twitter・Facebook投稿のポジティブさを人工知能が採点しスコアに応じて給油できるガソリンスタンド「Positivity Pump」

    1自動車ブランドのシボレーが、その人の性格の「ポジティブさ」をもとにガソリンを無料で入れることができるガソリンスタンド「Positivity Pump」(ポ...


  • 「アクイジションファーストからリレーションシップファーストへ」 デジタルマーケティングとEメールマーケティングの未来

    5月1日から3日間にわたって米Responsys社のイベント「Responsys Interact 2012」がサンフランシスコで開催された。この記事では、Responsys社Chief ...


  • 「日本でもマーケティング自動化ソリューションの戦国時代がはじまった」ガートナージャパン 主席アナリスト川辺氏に訊く

    昨年から今年にかけて大手ITベンダーによる「マーケティングオートメーション」や「キャンペーンマネジメント」の買収が相次いで発表されています。...


  • 日本でも本格導入が進むクロスチャネルキャンペーンマネジメントの最新事情と今後の展望

    今年の春から続けてきたこの連載も最終回となりました。昨年から今年にかけては特にマーケティングテクノロジーの分野でベンダー側の動きが目まぐる...