Crashlytics (クラッシュリティクス)をご存知ですか?
近年、多くの企業から注目を集めているSaaS、Crashlytics (クラッシュリティクス)ですが、 その機能価格評判について公式サイトやその他紹介メディアサイトを見ても分かりづらいという声を耳にしましたので、 私達の運営する本メディアSaaS比較マップではこれらの情報についてまとめてみました!

なお、SaaS比較マップ編集部ではCrashlytics (クラッシュリティクス)に関するご質問や導入の相談、 さらにはCrashlytics (クラッシュリティクス)に限らないSaaS全般に関して無料で相談をお受けしています。

Crashlytics (クラッシュリティクス)やSaaSを活用した業務改善・売上や利益の向上にご興味のある方はお気軽にご相談ください!

まずは無料で相談してみる

Crashlytics (クラッシュリティクス)の価格・料金は?

Crashlytics (クラッシュリティクス)の導入を検討されるうえで最も気になるのはCrashlytics (クラッシュリティクス)の価格や料金のことかと思います。

SaaSを法人・企業で導入する際に、最も多くの支払いスキームは月額制です。
SaaSの中には年間契約・年額一括支払いを行うことで月々の利用料や初期費用が抑えられるものもありますので、Crashlytics (クラッシュリティクス)について具体的に導入を検討する際にはそういった割引や年間プラン・複数年契約プランがないかも確認してみましょう!

またSaaSによっては導入時に初期費用等が発生することも多くございます。
Crashlytics (クラッシュリティクス)に限らず、SaaSの導入検討をする際にはそういった初期費用も予算として見ておく必要があることをご留意ください。

さて、そういったSaaSならではの価格体系・料金体系についてご理解頂いたうえで本題のCrashlytics (クラッシュリティクス)の価格・料金についてです。
現在Crashlytics (クラッシュリティクス)の公式サイトや各種メディアサイトで紹介されているCrashlytics (クラッシュリティクス)の価格・料金は
要相談
とのことでした。

残念ながら、多くの法人・企業向けサービスやSaaS同様、Crashlytics (クラッシュリティクス)について価格や料金についての情報は一般公開されていませんでした。
しかしながら、当然正式に問い合わせを行い、その利用用途や法人・企業の規模あるいは導入時のプランについてCrashlytics (クラッシュリティクス)の担当者にお伝えすることで正式なお見積を出してもらうことは可能です!

具体的にCrashlytics (クラッシュリティクス)の導入を考えている方はもちろん、まずは価格・料金の目安について知りたいという方も、まずはお気軽に弊社までご相談ください。

まずは無料で相談してみる

Crashlytics (クラッシュリティクス)に無料プラン・トライアルはある?ない?

月額固定の費用が発生したり、利用するアカウント数・ボリュームによって料金・価格の変動があるSaaSの導入検討時に気になるのが無料プランやトライアルがあるのか、ないのかですよね!

企業の基幹業務やインフラ的な部分を担うSaaSはもちろんのこと、現場のスタッフや全社の社員が日々使うことになるSaaSにおいて、その機能が自社のニーズや要件を満たしているかどうかといった点や、使い勝手の確認を有料の契約を行う前にしっかりと念入りにしておきたいというのは当然の心理です。
そういった、「本契約の前にまずは使ってみたい」というニーズはCrashlytics (クラッシュリティクス)に対しても抱いて当然です。

そこで、SaaS比較マップではCrashlytics (クラッシュリティクス)にも無料プランやトライアルがあるのかどうかを調べてみました。

しかし残念ながら、現在公開されているCrashlytics (クラッシュリティクス)に関する情報では無料プランやトライアルについてはあると明言されていませんでした。

Crashlytics (クラッシュリティクス)の無料プラン・トライアルについての情報はほとんど開示されていないものの、多くのSaaS提供企業ではそのクライアントの契約内容や相談に応じて、機能を制限した無料プラン・トライアルアカウントを提供したり、サービスの使い勝手を確認できるデモアカウント提供したりしています。
Crashlytics (クラッシュリティクス)についても、具体的な利用用途や契約として見込んでいる規模を営業担当者に伝えることで、無料プラン・トライアルやデモアカウントの発行をしてもらえる可能性は高いと言えるでしょう。

まずは弊社に導入の目的やその背景などをご連絡頂けますと、Crashlytics (クラッシュリティクス)の営業担当者への紹介や、目的に適していて更に低コストの他SaaSシステム・サービスをご紹介させていただくことが可能です。
お気軽にご相談ください。

まずは無料で相談してみる

Crashlytics (クラッシュリティクス)の機能概要・使い方について

Crashlytics (クラッシュリティクス)について調べている方で本メディアにたどり着いている方なら、既にCrashlytics (クラッシュリティクス)の基本的な機能の概要や使い方についてはご存知かと思いますが、 ここで改めてCrashlytics (クラッシュリティクス)とは一体何ができるSaaSで、どういった目的に適したサービスなのかをご紹介させて頂きます。

Crashlytics (クラッシュリティクス)の公式サイトや、Crashlytics (クラッシュリティクス)を取り上げているメディアの紹介情報を総合すると、Crashlytics (クラッシュリティクス)は次のような機能を提供します。

アプリのクラッシュログの報告,βテスト配信・管理等を行うことのできるサービス

SaaSを企業・法人で導入する際には、導入の目的やその背景、さらには自社の性質(社員のスキルやITリテラシーなど)を踏まえて導入候補のSaaSがフィットするかを十分に検討する必要があります。
Crashlytics (クラッシュリティクス)の導入を検討される場合も、本当に機能が足りているのかや目的にマッチしているのかを冷静に見極める必要があるでしょう。

少しでも気になる点や懸念がある場合は、是非お気軽に弊社コンサルタントまでご相談ください!

まずは無料で相談してみる

Crashlytics (クラッシュリティクス)の評判・口コミは?

Crashlytics (クラッシュリティクス)の導入を検討している方にとって気になるのが、Crashlytics (クラッシュリティクス)の提供元以外、つまり第三者からの評判やレビューです。

そんなCrashlytics (クラッシュリティクス)の評判や口コミについて、SaaS比較マップでは各種レビューサイトや利用者の口コミ情報を収集し、総合的な観点から最大5つ星に収まるように評判・レビューを分析してみました。

評判・レビューの分析結果はこちら!

Crashlytics (クラッシュリティクス)の評判・レビューは5点満点中、3.67となります。

ただしあくまでもこの値は各サイトやブログ、SNSなどの評判・レビューを分析した結果です。
SaaSの評判は自社の状況や導入目的によって大きく変わります。
Crashlytics (クラッシュリティクス)が自社にとって有意義かどうか知りたい、という方は是非お気軽にご相談ください。

まずは無料で相談してみる

Crashlytics (クラッシュリティクス)を検討している方はぜひお問い合わせください

SaaS比較マップ編集部ではCrashlytics (クラッシュリティクス)に関するご質問や導入の相談、 さらにはCrashlytics (クラッシュリティクス)に限らないSaaS全般に関して無料で相談をお受けしています。

Crashlytics (クラッシュリティクス)やSaaSを活用した業務改善・売上や利益の向上にご興味のある方はお気軽にご相談ください!

Crashlytics (クラッシュリティクス)に関するニュースや最新情報

Crashlytics (クラッシュリティクス)に関するニュースや最新情報は見つかりませんでした。
代わりにSaaS全体の情報収集を目的に、下記ニュースをご覧になってはいかがでしょうか?

  • デジタルステージ、Web作成ソフト「BiND for WebLiFE* 9」を発売

    BiND for WebLiFE* 9 株式会社デジタルステージは、HTMLベースのWebサイトを作成できるソフトウェア「BiND for WebLiFE* 9」を年9月28日に発売すると...


  • Web制作ツールの定番「BiNDクラウド」が被災地支援に無償提供

    (株)デジタルステージは25日、熊本地震からの復興に関わるサイトを運営する被災者、支援者に向けて、同社のWeb制作ツール「BiNDクラウド・プロコース...


  • 累計17万本突破のWeb制作ソフト「BiND」がSEO機能を強化してバージョンアップ

    株式会社デジタルステージは、8月22日、専門知識なしでもユーザーにリーチする本格的なWebサイトが作成できる「BiND for WebLiFE* 10」を発売すると発...


  • 「BiND Cloud」リリースイベントが全国3都市で開催

    株式会社デジタルステージは、ブラウザ上でWebサイトを制作できるオンラインホームページ作成サービス「BiND Cloud」のリリースイベントを順次開催す...


  • GMOクラウド、「BiNDクラウド」を法人向けレンタルサーバーで提供

    GMOクラウドは5日、同社の法人向けレンタルサーバー「iCLUSTA+(アイクラスタプラス)」において、閲覧デバイスに合わせて自動最適表示が可能なレスポ...


  • ブラウザ上で本格的にWebサイトを作れる新サービス「BiND Cloud」正式公開

    デジタルステージは19日、Webブラウザ上で手軽にWebサイトが制作できるオンラインホームページ作成サービス「BiND Cloud(バインド・クラウド、以下BiN...


  • インフォテリアら2社、プライベート・ブロックチェーンの実証実験に成功

    インフォテリアとテックビューロは6月16日、ミャンマーのマイクロ・ファイナンス機関であるBC Financeの融資・貯金の基幹システムの勘定データを、「A...


  • インフォテリアとトレージャーデータが連携し、データの見える化を推進

    インフォテリアは1月28日、トレジャーデータが提供するクラウド型のデータマネジメントサービス「トレジャーデータサービス」とのデータ連携に、イン...


  • さくらインターネットら3社、ブロックチェーン実験環境の提供期間を延長

    さくらインターネット、インフォテリア、テックビューロの3社は7月6日、2016年1月より共同で提供してきたプライベート・ブロックチェーン実証実験環境...


  • アイレットとインフォテリア、中小向けにAWSをベースとしたデータ分析基盤

    AWSを基盤とした24時間365日のフルマネージドサービスを提供するアイレットと、企業データ連携製品「ASTERIA」シリーズを提供するインフォテリアは1月...


  • ASTERIA WARP、データ統合ツール「uSonar」専用アダプターを提供

    インフォテリアとアーティサンは5月15日、インフォテリアが提供するEAI/ESB製品「ASTERIA WARP」と、ランドスケイプが提供する企業データベース「LBC...


  • 【レポート】CData Software、インフォテリアと共同で日本法人を設立 - 本社を宮城県仙台市に設置

    インフォテリアとCData Softwareは3月28日、共同出資によりCData Softwareの日本法人「CData Software Japan」を5月に設立すると発表した。また、併せ...


  • インフォテリアとディサークル、ASTERIA WARP専用「POWER EGGアダプター」

    インフォテリアとディサークルは6月9日、企業データ連携(EAI/ESB)製品「ASTERIA WARP」とポータル型グループウェアの「POWER EGG 2.0」を連携させる専...


  • JAあいち経済連、メインフレームからの移行に「ASTERIA WARP」を採用

    インフォテリアは3月25日、愛知県経済農業協同組合連合会(JAあいち経済連)がメインフレームによる運用からオープンシステムへの移行を進めるにあたり...


  • インフォテリア、ブロックチェーン技術のテックビューロへ出資

    インフォテリアは4月28日、テックピューロの株式の一部を取得し、出資契約の締結を完了したと発表した。具体的には、インフォテリアのEAI/ESB製品「AS...


  • ノンコーディングで実現!システム連携から帳票出力まで フォーディーネットワークス

    企業内には様々な業務システムが散在し、ひとつの集計を行うのに複数のシステムからデータを引いてきてエクセルで加工するという手間をかけているケー...


  • ASTERIA WARP、マーケティングオートメーション連携機能を強化した新版

    インフォテリアは3月28日、EAI/ESB「ASTERIA WARP」の新版を同日より販売開始した。また同時に、新ラインアップとして、マーケティングオートメーショ...


  • さくらなど3社、ブロックチェーンの実証実験プラットフォームを無償提供

    さくらインターネット、インフォテリア、テックビューロの3社は1月7日、協業してプライベート・ブロックチェーンの実証実験プラットフォームとして、...


  • F・O・インターナショナル、「ASTERIA WARP」でデータ分析基盤を構築

    インフォテリアは3月30日、F・O・インターナショナルの販売、生産、物流システムなどから生成される多種多様な情報資産をデータ分析するための専用シ...


  • アーティサンのDynamics 365対応製品、「駅すぱあと」の経路検索APIを採用

    アーティサンは、ビジネスアプリケーションサービス「Microsoft Dynamics 365」と経路検索API「駅すぱあとWebサービス」を連携し、経費精算時の近郊交...