Cheetah Ad Platformをご存知ですか?
近年、多くの企業から注目を集めているSaaS、Cheetah Ad Platformですが、 その機能価格評判について公式サイトやその他紹介メディアサイトを見ても分かりづらいという声を耳にしましたので、 私達の運営する本メディアSaaS比較マップではこれらの情報についてまとめてみました!

なお、SaaS比較マップ編集部ではCheetah Ad Platformに関するご質問や導入の相談、 さらにはCheetah Ad Platformに限らないSaaS全般に関して無料で相談をお受けしています。

Cheetah Ad PlatformやSaaSを活用した業務改善・売上や利益の向上にご興味のある方はお気軽にご相談ください!

まずは無料で相談してみる

Cheetah Ad Platformの価格・料金は?

Cheetah Ad Platformの導入を検討されるうえで最も気になるのはCheetah Ad Platformの価格や料金のことかと思います。

SaaSを法人・企業で導入する際に、最も多くの支払いスキームは月額制です。
SaaSの中には年間契約・年額一括支払いを行うことで月々の利用料や初期費用が抑えられるものもありますので、Cheetah Ad Platformについて具体的に導入を検討する際にはそういった割引や年間プラン・複数年契約プランがないかも確認してみましょう!

またSaaSによっては導入時に初期費用等が発生することも多くございます。
Cheetah Ad Platformに限らず、SaaSの導入検討をする際にはそういった初期費用も予算として見ておく必要があることをご留意ください。

さて、そういったSaaSならではの価格体系・料金体系についてご理解頂いたうえで本題のCheetah Ad Platformの価格・料金についてです。
現在Cheetah Ad Platformの公式サイトや各種メディアサイトで紹介されているCheetah Ad Platformの価格・料金は
要相談
とのことでした。

残念ながら、多くの法人・企業向けサービスやSaaS同様、Cheetah Ad Platformについて価格や料金についての情報は一般公開されていませんでした。
しかしながら、当然正式に問い合わせを行い、その利用用途や法人・企業の規模あるいは導入時のプランについてCheetah Ad Platformの担当者にお伝えすることで正式なお見積を出してもらうことは可能です!

具体的にCheetah Ad Platformの導入を考えている方はもちろん、まずは価格・料金の目安について知りたいという方も、まずはお気軽に弊社までご相談ください。

まずは無料で相談してみる

Cheetah Ad Platformに無料プラン・トライアルはある?ない?

月額固定の費用が発生したり、利用するアカウント数・ボリュームによって料金・価格の変動があるSaaSの導入検討時に気になるのが無料プランやトライアルがあるのか、ないのかですよね!

企業の基幹業務やインフラ的な部分を担うSaaSはもちろんのこと、現場のスタッフや全社の社員が日々使うことになるSaaSにおいて、その機能が自社のニーズや要件を満たしているかどうかといった点や、使い勝手の確認を有料の契約を行う前にしっかりと念入りにしておきたいというのは当然の心理です。
そういった、「本契約の前にまずは使ってみたい」というニーズはCheetah Ad Platformに対しても抱いて当然です。

そこで、SaaS比較マップではCheetah Ad Platformにも無料プランやトライアルがあるのかどうかを調べてみました。

しかし残念ながら、現在公開されているCheetah Ad Platformに関する情報では無料プランやトライアルについてはあると明言されていませんでした。

Cheetah Ad Platformの無料プラン・トライアルについての情報はほとんど開示されていないものの、多くのSaaS提供企業ではそのクライアントの契約内容や相談に応じて、機能を制限した無料プラン・トライアルアカウントを提供したり、サービスの使い勝手を確認できるデモアカウント提供したりしています。
Cheetah Ad Platformについても、具体的な利用用途や契約として見込んでいる規模を営業担当者に伝えることで、無料プラン・トライアルやデモアカウントの発行をしてもらえる可能性は高いと言えるでしょう。

まずは弊社に導入の目的やその背景などをご連絡頂けますと、Cheetah Ad Platformの営業担当者への紹介や、目的に適していて更に低コストの他SaaSシステム・サービスをご紹介させていただくことが可能です。
お気軽にご相談ください。

まずは無料で相談してみる

Cheetah Ad Platformの機能概要・使い方について

Cheetah Ad Platformについて調べている方で本メディアにたどり着いている方なら、既にCheetah Ad Platformの基本的な機能の概要や使い方についてはご存知かと思いますが、 ここで改めてCheetah Ad Platformとは一体何ができるSaaSで、どういった目的に適したサービスなのかをご紹介させて頂きます。

Cheetah Ad Platformの公式サイトや、Cheetah Ad Platformを取り上げているメディアの紹介情報を総合すると、Cheetah Ad Platformは次のような機能を提供します。

アプリやWEB集客でお困りの方は是非資料をダウンロードください! Facebookに次ぐ世界第2位※のAndroidアプリディベロッパー「CheetahMobile」が提供するスマートフォン向け大型広告配信プラットフォームのご紹介…

SaaSを企業・法人で導入する際には、導入の目的やその背景、さらには自社の性質(社員のスキルやITリテラシーなど)を踏まえて導入候補のSaaSがフィットするかを十分に検討する必要があります。
Cheetah Ad Platformの導入を検討される場合も、本当に機能が足りているのかや目的にマッチしているのかを冷静に見極める必要があるでしょう。

少しでも気になる点や懸念がある場合は、是非お気軽に弊社コンサルタントまでご相談ください!

まずは無料で相談してみる

Cheetah Ad Platformの評判・口コミは?

Cheetah Ad Platformの導入を検討している方にとって気になるのが、Cheetah Ad Platformの提供元以外、つまり第三者からの評判やレビューです。

そんなCheetah Ad Platformの評判や口コミについて、SaaS比較マップでは各種レビューサイトや利用者の口コミ情報を収集し、総合的な観点から最大5つ星に収まるように評判・レビューを分析してみました。

評判・レビューの分析結果はこちら!

Cheetah Ad Platformの評判・レビューは5点満点中、3.0となります。

ただしあくまでもこの値は各サイトやブログ、SNSなどの評判・レビューを分析した結果です。
SaaSの評判は自社の状況や導入目的によって大きく変わります。
Cheetah Ad Platformが自社にとって有意義かどうか知りたい、という方は是非お気軽にご相談ください。

まずは無料で相談してみる

Cheetah Ad Platformを検討している方はぜひお問い合わせください

SaaS比較マップ編集部ではCheetah Ad Platformに関するご質問や導入の相談、 さらにはCheetah Ad Platformに限らないSaaS全般に関して無料で相談をお受けしています。

Cheetah Ad PlatformやSaaSを活用した業務改善・売上や利益の向上にご興味のある方はお気軽にご相談ください!

Cheetah Ad Platformに関するニュースや最新情報

Cheetah Ad Platformに関するニュースや最新情報は見つかりませんでした。
代わりにSaaS全体の情報収集を目的に、下記ニュースをご覧になってはいかがでしょうか?

  • 「UI/UX改善に効くワークショップ」を行う方法とは? ファシリテーター視点で整理しました

    グループウェア「rakumo」が6年ぶりに「UI/UXデザインの大改善」を行いました。そのために関係者が取り組んだものが、「ワークショップ」です。本記...


  • アプリダウンロード促進チラシを無料提供、店舗の販促に

    ネットイヤーグループは、小売業向け店舗アプリサービス「ぽぷろう」で、アプリのダウンロード促進を図るチラシデータの無料提供を開始した。店舗...


  • 2015年「全国女性社長」調査

    全国280万社のうち、女性社長は調査を開始した2010年以降で最多の33万2,466人(前年31万55人)にのぼった。女性社長は政府の「女性の活躍推進」など...


  • 6年ぶりに製品のUI/UXを大改善、そこで学んだノウハウを共有します

    グループウェア「rakumo」が6年ぶりの大リニューアルをしたことをご存知ですか? コンセプトから作り直し、誰がどのように使用するかを考え、施策づ...


  • ネットイヤーグループ、小規模からオムニチャネルを始められる「NEURON DMP」

    ネットイヤーグループは、運用のコスト負担を軽減し小規模からの導入も可能なDMP(データマネジメントプラットフォーム)、「NEURON DMP(ニューロン デ...


  • ネットイヤーグループとNTTデータ、オムニチャネル戦略実現に向けた支援で協業

    5月27日、ネットイヤーグループとNTTデータは、企業へのオムニチャネル導入の推進を目的に協業することで合意した。具体的には3つのフェーズに分け...


  • 多忙な経営者がメールで守る"3つの原則"

    LINEなどチャットツールの普及を受けて、メールの書き方は「手紙型」から「チャット型」へ変化しつつあるという。21世紀、超多忙なビジネスパーソンは...


  • NTTデータ、ネットイヤーグループの株式を公開買付け デジタルマーケティングにおけるプレゼンス向上へ

    NTTデータは、連結子会社化を目的として、ネットイヤーグループの株式を公開買い付けにより取得すると発表。あわせて、両社は資本業務提携を契約す...


  • 営業も開発も、みんなで利用者の視点に立ったら何が見える? 「rakumo」の課題はコレでした。

    グループウェア「rakumo」が6年ぶりの大リニューアルをしたことをご存知ですか? コンセプトから作り直す、まさに「UI/UXデザインの大改善」でした...


  • スタートアップの旗手「僕らはなぜ世界を目指すのか」

    「世界で戦い、勝てるスタートアップ」の輩出を目指す経済産業省の支援プログラムJ-Startupでは、日本で活躍する約1万社の中から、とりわけ将来有...


  • 女性社長が過去最高33万人に

    東京商工リサーチは6月16日、2015年「全国女性社長」調査の結果を発表した。調査は、東京商工リサーチの保有する280万社の経営者情報(個人企業を含む)...


  • ネットイヤーグループ、小売業向け店舗アプリ「ぽぷろう」にPC版

    ネットイヤーグループは1月17日、小売業向け店舗アプリサービス「ぽぷろう」がバージョンアップしたと発表した。ぽぷろうは、POP作成機能つきの店舗ア...


  • ネットイヤーがネコ型とイヌ型、2種類の顧客へのマーケティングを調査研究

    ネットイヤーグループは、顧客セグメントの新たな視点として「ネコ型顧客」「イヌ型顧客」の2つを定義し、それぞれに有効なマーケティングコミュニケ...


  • 日本郵便「郵便・物流イノベーション」の本気

    日本郵便は、スタートアップとの連携によって郵便事業の革新を進めている(写真:日本郵便)日本郵便は、全国に約2万4000カ所の郵便局と約40万人の人...


  • 2016年に上がる日本株はこれだ! 割安度、業績進捗度や高ROEなどで見た 上値余地が大きな株25銘柄を一挙大公開!

    2016年の日本株の上昇を牽引するのはどんな銘柄なのか。12月21日発売の『ダイヤモンド・ザイ2月号』に掲載・分析している誰もが気になる500銘柄の中か...


  • 2015年「全国女性社長」調査 - 東京商工リサーチ(TSR)

    公開日付:2016.06.16全国280万社のうち、女性社長は調査を開始した2010年以降で最多の33万2,466人(前年31万55人)にのぼった。女性社長は政府の「...


  • Web系ディレクターの憂鬱 - 藤川真一

    #本記事はフィクションです。(というか、これは、ただのエクスキューズで、誰に向けて書いた記事でもないという意味ですw)#今回もまた人に読ませる...


  • お金持ち女性社長が今投資したいモノ3つ

    会社を上場させた女性社長2人に、“お金”について、あれこれ質問。毎日の生活のことから将来の展望まで、独自の哲学を語ってくれました。ネットイヤ...


  • ネットイヤーグループ、コニカミノルタビジネスソリューションズと提携〜リアル×デジタルのサービス提供へ

    ネットイヤーグループは、コニカミノルタビジネスソリューションズとの提携を発表した。同提携では、新しいマーケティングサービスの開発・提供を共...


  • 【レポート】arcserve 、シンプルな運用に向け機能強化したバックアップソフトの最新版

    arcserve Japanは2月3日、都内で記者会見を開き、統合バックアップ・リカバリソリューションの新ソフトウェア「Arcserve Unified Data Protection v6(...